メニュー

本サイトは医師を対象とした定期刊行誌「乳癌診療Tips&Traps(2001年9月~2015年9月発刊)」(非売品:大鵬薬品工業株式会社提供)の編集に携わる先生方を中心にたくさんの乳腺専門医にご協力いただきながら乳がんに関する情報をわかりやすくQ&Aやアニメーション形式で提供しています。掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。

乳がん Q&A

乳がんに関する様々な疑問を乳腺専門医が分かりやすく解説しています。

「パジェット病」とはどんな病気ですか?

乳頭にただれのように顔を出すがんです。

坂元吾偉先生
(坂元記念クリニック・乳腺病理アカデミー院長)
中村清吾先生
(聖路加国際病院ブレストセンター長乳腺外科部長)
角田博子先生
(聖路加国際病院放射線科医長)

パジェット病(Paget病)は、正しくは、乳管がんが乳頭の皮膚に進展したものをいいます。そのため、乳頭が赤くただれたようになります。乳がん全体の0.5%と比較的珍しく、50代以上の方に多くみられます。乳頭の皮膚に進展したがん細胞は「パジェット細胞」と呼ばれ、特徴的な形をしています。また、パジェット細胞は1年に半径3.6mmの速さで皮膚の表面を進み、それにより乳頭が赤く腫れ、表皮を破壊するとびらん(ただれた状態)となります。
パジェット病は、乳管の壁を突き破ってまわりの組織に広がることはあまりないことからリンパ節転移はなく、予後も良好です。
治療は乳房切除術が基本となります。病変が乳頭、乳輪付近にとどまっていることがわかれば、乳頭と乳輪を含む部分切除を行い、放射線治療と組み合わせた乳房温存療法が可能なこともあります(後日、乳頭乳輪形成を行います)。念のために「センチネルリンパ節生検」を行って、転移の有無を確認することが望ましいでしょう。なお、術後の補助療法については、併存する乳管がんの程度に応じた標準治療を行いますが、一般的には必要ありません。

乳頭の湿疹やただれがなかなか治らない場合は、パジェット病の可能性もありますので、乳腺専門医に受診することをお勧めします。

乳癌診療Tips&Traps No.22(2008年5月発行)Question1を再編集しています。

※掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。