メニュー

本サイトは医師を対象とした定期刊行誌「乳癌診療Tips&Traps(2001年9月~2015年9月発刊)」(非売品:大鵬薬品工業株式会社提供)の編集に携わる先生方を中心にたくさんの乳腺専門医にご協力いただきながら乳がんに関する情報をわかりやすくQ&Aやアニメーション形式で提供しています。掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。

乳がん Q&A

乳がんに関する様々な疑問を乳腺専門医が分かりやすく解説しています。

乳頭から分泌物が...。診察を受けたほうがよいでしょうか?

分泌物の色が重要です。
血液性の場合は、乳がん発見の手がかりとなることも。

光山昌珠先生
(北九州市立医療センター副院長)

妊娠中や授乳中でもないのに、乳頭から分泌物が出てくることを「乳頭異常分泌」といいます。
抗高血圧薬や抗潰瘍薬、経口避妊薬(低用量ピル)を服用している場合、またホルモン分泌に関わる病気(下垂体腫瘍、甲状腺疾患、卵巣腫瘍など)がある場合、乳頭異常分泌がみられることがあります。
しかし乳頭異常分泌の多くは、何らかの乳腺の病気が原因で起こる場合が多いので、注意が必要です。原因となる病気としては、乳管内乳頭腫乳腺症が多いのですが、乳がんでも少なからずあります。特にしこりが認められないにもかかわらず、乳頭異常分泌だけが症状として現れる「無腫瘤性乳がん」は、乳頭異常分泌の原因疾患の20~30数%を占めるといわれています。
分泌物に血液が混ざっている場合はとくに注意が必要です。血液が混ざっているといっても、必ずしも赤い色をしているわけではないので、検査が必要になります。検査の結果、血液成分が混ざっていなければ、乳がんの可能性はほとんどないと考えられます。
分泌物に血液が混ざっていることが確認された場合には、視触診やマンモグラフィ、超音波などでしこりが見つかれば、一般的な乳がんの検査に進みます。
乳頭異常分泌は、しこりを伴わない乳がんの早期発見に役立ちます。異変に気づいたときは、早めの受診をおすすめします。

乳管内乳頭腫

乳頭の真下にある太めの乳管にできる良性のしこりです。乳頭から血のまじった分泌液が出ることがあり、分泌液の細胞診、乳管に造影剤を入れx線撮影を行うなどの検査によって乳がんと区別する必要があります。

乳腺症

30~40歳代の女性に多い、乳腺に良性のしこりができる病気です。しこりは凸凹していて境界がはっきりせず、乳がんと区別しにくいものもあります。女性ホルモンが関係した乳腺の変化と考えられますが、はっきりとした原因はわかっていません。痛みを伴うことが多く、月経前にしこりが張ったり、痛みが強くなるのが特徴です。痛みが強い場合は、薬物療法などを行います。

無腫瘤性乳がん

乳腺内で病変が増殖するが、しこり(腫瘤)をつくらないタイプのがんをいいます。血液の混じった乳頭異常分泌が唯一の症状で、乳がん発見のきっかけになることが多いです。

乳癌診療Tips&Traps No.3(2001年11月発行)Question1を再編集しています。

※掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。