メニュー

本サイトは医師を対象とした定期刊行誌「乳癌診療Tips&Traps(2001年9月~2015年9月発刊)」(非売品:大鵬薬品工業株式会社提供)の編集に携わる先生方を中心にたくさんの乳腺専門医にご協力いただきながら乳がんに関する情報をわかりやすくQ&Aやアニメーション形式で提供しています。掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。

乳がん Q&A

乳がんに関する様々な疑問を乳腺専門医が分かりやすく解説しています。

腫瘍マーカー(血液検査)で乳がんの診断はできますか?

できません。

高塚雄一先生
(関西労災病院外科部長)

腫瘍マーカーとは、がん細胞で産生・分泌されるたんぱく質の量を、血液や尿を用いて検査する方法で、がんの診断の手がかりとするものです。あくまでも手がかりですから、たとえどのようながんであっても、これだけで診断することはできません。乳がんの診療のガイドラインでも、問診や視触診、マンモグラフィなどによる画像診断により重きを置いていて、定期的な腫瘍マーカーの測定はすすめてはいません。しかし、がん再発時における病状の把握や、治療効果を確認する手立てとして、腫瘍マーカーは日常的に用いられています。
乳がんの腫瘍マーカーとしては、CEA、CA15-3、NCC-ST-439が広く用いられています。
腫瘍マーカーが異常に高ければ陽性、低くおさまっていれば陰性と判定されます。ごく早期の小さながんでは、ほとんどの腫瘍マーカーが陰性となり、見逃されてしまいます。
乳がんの腫瘍マーカーを単独で使った場合は、原発乳がんでの陽性率は低く、進行がんや再発がんでも、これらの腫瘍マーカーの陽性率は40~60%程度です。喫煙習慣や種々の疾患がある場合に擬陽性になりやすいことも知られています。このため、腫瘍マーカーは2~3種類を組み合わせて使うのが一般的です。

腫瘍マーカー

がん細胞が血液中や分泌物中に放出する物質を測定する検査方法。がんの補助診断や、臨床経過(治療効果、再発、転移の観察)の判定などに利用されます。

乳癌診療Tips&Traps No.8(2003年4月発行)Question2を再編集しています。

※掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。