メニュー

本サイトは医師を対象とした定期刊行誌「乳癌診療Tips&Traps(2001年9月~2015年9月発刊)」(非売品:大鵬薬品工業株式会社提供)の編集に携わる先生方を中心にたくさんの乳腺専門医にご協力いただきながら乳がんに関する情報をわかりやすくQ&Aやアニメーション形式で提供しています。掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。

乳がん Q&A

乳がんに関する様々な疑問を乳腺専門医が分かりやすく解説しています。

乳房切除後の局所再発とは、どのようなものですか?

切除した乳房に近い部位の皮膚やリンパ節にがんが再発するものをいいます。

岩瀬克己先生
(藤田保健衛生大学医学部内分泌外科教授)

局所再発は、浸潤性の高い腫瘍に多いのですが、他の臓器にがんが再発したものよりも予後(治療後の見通し)は良好とされています。
乳房温存手術後の同じ乳房内の局所再発ならば、適切な治療で再度治る見込みがあります。しかし、乳房切除手術後の局所再発となると、本当に局所だけなのか、それとも全身に転移したがんの一部として局所に症状が現れたのかの見極めが、大変むずかしいものです。
1回の手術で取りきれなかったがんと判断されるものは、可能なものならば再度手術を行って切除します。しかし、その判定は簡単ではなく、そうしたケースはむしろ例外的といえます。
実際には、同時に転移が起きているか、あるいはその前兆である場合がほとんどです。このため、局所再発が起きたときには、再発部位の病理診断を行うとともに、転移が起きていないかどうか全身をくまなく検査します。
局所再発とはいっても、再発した部位の切除や放射線療法だけで治る場合はごく少なく、多くは全身的な薬物療法が必要です。まずは薬物治療を行って、その効果をみながら転移の有無を確認し、その後の治療方針を検討します。
薬物療法の選択方法は、一般的な再発乳がんの治療法と同じです。

乳癌診療Tips&Traps No.14(2006年2月発行)Question3を再編集しています。

※掲載された情報は、公開当時の最新の知見によるもので、現状と異なる場合があります。また、執筆者の所属・役職等は公開当時のもので、現在は異なる場合があります。