乳癌診療情報サイト nyugan.Info 監修にあたって

坂本吾偉

坂元吾偉(医療法人社団正診会坂元記念クリニック院長)

 現在わが国において乳癌は女性の癌では第1位の罹患率を示し、昨年の年間罹患者数は約4万人にのぼっており、死亡者数も1万人を超えています。また、その年齢別発生頻度を見ると、30歳代以降に上昇し45~50歳のところにピークがみられます。この年代の女性は家庭的にも社会的にも重要な立場であることから、乳癌は深刻な社会問題となっています。こうした社会的背景から、乳癌診療に関して正しい情報、役立つ情報を提供することを目的に、医療関係者と患者さん、それぞれを対象とした乳癌診療情報サイト「nyugan.Info」を開設しました。

 医療関係者向けサイト()では、日々進歩する薬物療法を柱に、3つのコンテンツを掲載しています。第一部は、経口抗がん剤を転移性乳癌に対する薬物治療の中にどのように組み入れていくかを解説した『乳癌抗がん剤の組み立て方』。第二部は、日常診療の中で診断および治療医が抱えるさまざまな疑問や、最新の乳癌治療情報をわかりやすく解説した『乳癌診療Tips & Traps web』。第三部は、乳癌治療におけるもっとも重要な国際会議と位置づけられるSt. Gallen Conferenceの内容をいち早くお届けする『速報!St. Gallen Conferences』です。以上のようにこのサイトは乳癌診療に携わる先生方にとって有用な情報を満載していますので、ぜひご覧ください。

 一方、患者さん向けサイト『All About 乳がん.info』は、患者さんが抱く疑問を、教科書的ではなく、実際の診療に則してわかりやすいQ&A形式で解説する内容としています。患者さんが乳癌について正しく理解し、納得して治療に臨むことができることを念頭においていますので、なにかわからないことがあれば、いつでもこのサイトに戻ってきていただければと思います。
 本サイトでは、今後も新しいコンテンツを掲載していく予定です。皆様の乳癌に関する理解を深めることの一助となれば、監修者としてこれに勝る喜びはありません。

※医療関係者向けサイトは一般の方は閲覧できません。

<< 乳がんトップページへ戻る